ホーム 教育研究所概要 教育研究所内 設備と機器類の利用について
設備と機器類の利用
 

さいたま市立教育研究所内 機器類の利用について

1 教育研究所内の機器類の利用方法
 教育研究所の機器類(マイク、ビデオ、コンピュータ、プロジェクター等)を使用する場合、あらかじめ、利用申請し所長の許可を得る。

参考: ※教育研究所Webページ「教育研究所利用申請手続き」より
 教育研究所は、「市立教育研究所条例」等の設置目的により、「教育研究所利用規程」により利用することができる。利用者(代表者)は、あらかじめ、各部屋等について利用状況を電話にて確認の上、所定の利用申請書にて申し込む。

2 機器類利用の手順
(1) 各室の利用申請時に、合わせて機器類の利用申請も行う。
(2) (1)に間に合わない場合は、早めに追加申請を行う。
(3) 利用当日の機器類の設置は、利用者が行う。
機器類は、十分注意して扱う。
機器類を収納してあるコンテナの鍵を教育研究所事務室で受取・返却をする。
設置方法が分からない場合は、利用日より前に教育研究所に設置方法の解説を受ける。
破損、故障等に気付いた場合は、教育研究所事務室に連絡する。
(4) 利用後は原状復帰し、その旨を教育研究所事務室に報告する。

3 教育研究所内のプレゼンテーション用機器類
場  所 機  器 備  考
5階 ホール  プロジェクター(天吊)
 スクリーン(天吊)
 ホール前方のコンテナ内に
 パソコン・リモコン等一式を保管
4階 視聴覚研修室  プロジェクター(天吊)
 スクリーン(天吊)
 研修室前方のコンテナ内に
 パソコン・リモコン等一式を保管
2階 第2研修室  スクリーン(天吊)  研修室前方のコンテナ内に
 パソコン・プロジェクタ等一式を保管

 上記以外の部屋でプレゼンテーションを行う場合は、4階教材製作室(前室)等に保管してあるコンテナ内の機器類及びスクリーンを利用する。
 重要: 移動式機器の利用は、所内のみとし、所外への持ち出しは原則禁止する。


 
ホーム 教育研究所概要 教育研究所内 設備と機器類の利用について
このページのトップへ
Copyright(C)2006 Saitama Municipal Institute Of Education. All rights reserved.